ニードル脱毛と呼ばれる針脱毛について

現在ではレーザー脱毛やフラッシュ脱毛など脱毛方法にも様々な方法がありますが、以前はひとつひとつの毛穴にプローブと言われる針を刺して微弱な電流を流し、発毛組織を毛根から破壊するという方法が永久脱毛の主流でした。それがニードル脱毛と呼ばれる針脱毛です。 

 

この方法は医療機関やエステでも行われていましたが、1本1本毛穴にプローブをを刺して処理を行うということで処理を行う者の技術の差があることや、時間がかかることがデメリットでした。医療機関では麻酔をかけることが出来ますが、エステにおいては医療行為が出来ないこともあって麻酔がかけられず、痛みを我慢しなければならないのもデメリットでした。 

 

しかし、毛を1本ずつ確実に処理していくために一度処理をした毛穴から再び発毛することは少なく永久性が高いことがメリットです。またレーザー脱毛のように黒色に反応するものを処理していくのとは異なるので毛色を選ばず処理できることや日焼けをしていると処理できないなどのことが無いのもメリットです。